一般講演のセッション

以下のG1〜G16までの各セッションに関連した論文を募集します.

記号 セッション名 著作権譲渡 担当学会(譲渡先)
G1 電気理論・電気物理・レーザ応用 電気学会
G2 計測・センサ・マイクロマシン 電気学会
G3 制御・システム 電気学会
G4 電気機器・産業応用/パワーエレクトロニクス 電気学会
G5 電力・エネルギー 電気学会
G6 電気電子材料・デバイス 電気学会・
電子情報通信学会共催
G7 電磁波・アンテナ・伝搬 電子情報通信学会
G8 光エレクトロニクス・通信システム・ネットワーク 電子情報通信学会
G9 電子回路・集積回路・ハードウェア設計 電子情報通信学会
G10 情報基礎・通信基礎・アルゴリズム 電子情報通信学会
G11 情報処理システム 電子情報通信学会
G12 照明 照明学会
G13 画像処理技術 不要 映像情報メディア学会
G14 映像メディア関連技術 不要 映像情報メディア学会
G15 音響 (注1) 不要 日本音響学会
G16 電気設備 電気設備学会

(注1)G15の「音響」については, 音声・聴覚・電気音響(機器・信号処理を含む)・超音波・建築音響・騒音・振動・音楽等に関するものです.

講演時間

一件につき,15分以内. 但し,各講演時間については,実行委員会が決定します.

講演者の資格

講演者は,主催学会会員(准員・学生員を含む)に限ります. (但し,留学生については非会員でもよいこととします.) 共著者として会員以外の方を含んでもかまいません.

講演者は,所属学会にかかわらず,いずれのセッション (G1〜G16)に投稿してもかまいません.

講演内容

最近の研究成果で, 学術的に価値のある未発表のものに限ります.

応募上の制限

講演は,1人1件に限ります. 同一人が数件の応募論文の共著者となることはかまいませんが, 内容がきわめて類似したものを数件にわたって発表することは認められません.

申込みの取扱

  1. プログラム委員会で内容が不適当と認めた場合は,採択しません. 講演論文原稿の書き方と 著しく異なる論文も,採択しないことがあります.
  2. プログラム構成上の都合によっては, 講演形式およびセッションを変更することがあります.
  3. 上記の適用により, 一般講演枠の申込みからシンポジウムでの講演に変更する場合もあり得ます. 但し,その場合でも,講演申込費,大会参加費については, あくまでも一般講演申込みと同様の取扱いになります. 予めご了承下さい.

申込み方法

(注1)投稿された論文を収録したプログラム・講演論文集(CD)の発行日(公知日)は, 平成20年10月29日(水)です.特許等の知財権をお考えの方は御注意下さい.
(注2)科学技術振興機構(JST)のデータベースに登録を予定しています.

講演論文原稿の書き方

原稿の書き方については こちらをご覧ください.

著作権の取扱い

著作権の取扱いについては こちらをご覧ください.

講演申込費

講演申込費については こちらをご覧ください.

発表方法

発表方法については こちらをご覧ください.