シンポジウム

今年度は以下のS1〜S12までの各セッションを企画しています。

S1 各分野のパワーエレクトロニクス技術の現状と展望
S2 電力系統における最近の技術開発動向
S3 電気機器におけるシミュレーション技術の最前線
S4 ウェットプロセスで実現するソフト電子・光デバイスの展望
S5 ICタグの技術開発動向
S6 ユビキタス社会に向けてのネットワーク家電
S7 3次元画像処理技術の現状と課題
S8 ワイヤレス通信の課題と今後の展望
S9 目の疲労を考える
 ―目に優しいとは?―
S10 インターネットを介したデジタル映像の配信技術
S11 生物のソナーシステム
 ―イルカとコウモリのエコーロケーションシステムの比較―
S12 電気設備における新技術開発と導入例

登録・投稿手順

  1. シンポジウムは、連合大会実行委員会から依頼を受けた方のみが講演できます。
  2. シンポジウム講演者も7月1日(土)〜8月4日(金)17時の間に大会ホームページ(こちら)から登録が必要です。登録を終えると、受付メールが自動送信(入力情報、登録番号、パスワードを返送)されます。以降の内容変更・論文投稿・論文閲覧などは、この登録番号・パスワードが必要となります。
  3. つづいて、PDF原稿を電子投稿(アップロード)します。先に登録だけを済ませ、後で投稿する場合は、受付時の登録番号、パスワードが必要となります。受付期間内であれば何度でも修正・差し換えが可能です。投稿が完了すると、受付メールが自動送信されます。
  4. シンポジウム講演者の講演申込費や大会参加費は不要です。また、プログラム・講演論文集(CD)を講演者一人につき1部進呈いたします。
  5. 11月初旬に大会参加章およびプログラム・講演論文集(CD)の引換証が登録時に入力した住所へ送付されます。引換証は当日受付に提示し、大会参加章、プログラム・講演論文集(CD)を受け取って下さい。
  6. 登録時に発行される登録番号、パスワードを用いて11月15日から11月26日の間、大会ホームページ(こちら)を通じて、事前に論文を閲覧することができます。
  7. 懇親会に参加される場合は、登録時に「懇親会に参加する」の項目をチェックして戴き、懇親会費(一般: 3500円、学生1500円)をご送金下さい。定員に達しない場合は、当日受付も行います。

オーサーズキット

シンポジウム講演者の皆様は、以下のキットを参照してご投稿お願 いいたします.

オーサーズキット(シンポジウム)

上のZIPファイルには、以下の内容が含まれています.

  1. 「講演論文原稿の書き方」(Word
  2. 「シンポジウム講演 投稿の手引き」(PDF
  3. 「シンポジウムの企画方針について」(PDF)